title;

☞  ごはん と 和菓子  itoのお菓子は いとをかし
大切なお知らせ

.




大切なお知らせ。これからのことです。



たくさんたくさんたくさんたくさん悩んで考えて、自分なりの答えを見つけたので、本日みなさまにお知らせいたします。




昨年下旬、わたしはお腹に来てくれた命をひとつ失う経験をしました。

それは想像をはるかに超えて本当に本当につらくて、灰色の日々で、

新しい命を授かった喜びと

それを突然失った悲しみと絶望の中で

ひっそりと仕事を休んで

今後の自分のことを考えました。

家族に支えられながら、この経験を通して、自分の中のいろいろな考え方感じ方に少し変化がありました。



そしていま、お腹の中に小さな命を授かっております。

お腹にもう一度戻ってきてくれました。

2人目を授かって、決めました。


産休に入る今年7月を最後に

和菓子工房 ito は一度、お店を閉めることにいたします。



本当は、月一でも、今まで通り自分のお店で和菓子を作ってお客さまに会いたい。

その気持ちは山のようにあります。


続けたい。

止まりたくない。

忘れられたくない。



わたしは自分のお店で過ごす時間が大好きです。和菓子を作るのも、お客さまとおしゃべりするのも、大好きです。

大好きだからお店を続けてきました。それが一番です。


それと同時に、たくさんの情報やお店、新しいことに溢れている世の中で、自分が忘れられるのがとても恐くて、娘を出産してすぐからお店を月一で再開させた自分もいました。

和菓子を作っていない自分が世の中に認められていないような、そんなことは決してないのに、よく分からない恐怖心のようなものがありました。



育児書とはかけ離れたクセのすごい娘は本当に大変なことだらけで、親であるわたしが泣いてしまうこともあったり、今でも毎日必死だけれど、その何倍も笑顔と愛に溢れ、学ぶことは多く、子育てするというよりわたしも一緒に育っていくような、そんな感覚で日々を過ごしております。



和菓子は、日々の暮らしの中で作り続け

もっともっと勉強して

何年後かの再スタートのときに

もっともっと自分の思い描いているお店を作り、より良い和菓子が作れるようになりたいと考えています。


お店は一度なくなりますが、わたし自身が和菓子作家を辞めるわけではありません。お休み中も、和菓子作家であり続けます。

たまにはどこかの厨房をお借りして、和菓子をお作りすることもあるかもしれません。

たまにはどこかでワークショップを開催するかもしれません。

自分のお店で和菓子作ってがんばる母ちゃんの姿を子どもたちに見せられるのは、何年後かな。必ずその姿を見せたいと思っています。



工房を始めて約5年、たくさん自分の好きにやらせてもらいました。


本当に楽しかったです。

もちろん、つらいことも、力不足で悔しいことも、お客さまにご迷惑をお掛けしたり、深く反省することもたくさんありました。


家族やお客さま、たくさんの人々に支えられて、まだまだ未熟なわたしが約5年という間、工房を続けていくことができました。


かけがえのない時間を過ごせたことを本当にありがたく思います。



ここまで書いて、もう明日閉業するような感じになってしまいましたが、7月までまだまだございます。



先になるであろう復帰の目安など、今後の 和菓子工房 ito のことは、最後のご挨拶のときに書かせていただきたいと思います。




7月までの約3ヶ月間、

精一杯、心を込めて和菓子を作っていきますので、よろしくお願いいたします。





d0319811_12183310.jpg




[PR]
# by ito-ito-wagashi | 2018-04-15 12:15
4月のお知らせ
*


こんにちは

今日は春分の日。
なのに雪混じりの雨で真冬に戻ったように寒い。
春よ来い来い、春よ来い。


先日は3月の月一和菓子屋、ありがとうございました。
お久しぶりだったので少し緊張しましたが
みなさまの笑顔に支えられて
楽しく過ごすことができました。


4月の月一和菓子屋のお知らせです。


d0319811_12442658.jpg


月一和菓子屋
4月22日(日)  12:00〜15:00
(万が一売り切れた場合は早く閉店します)

また、3月に引き続き、
4月も平日の小和菓子屋はお休みさせていただきますのでご了承ください。


写真は先日、手創り市雑司が谷で行われた
〈はるに、桜と〉のワークショップでお出しした上生菓子です。

「ひらり」  外郎に、中は桜餡でした。

4月もよろしくお願いいたします。




*




[PR]
# by ito-ito-wagashi | 2018-03-21 12:41
3月の月一和菓子屋
*


こんばんは。

3月の月一和菓子屋のお知らせです。



d0319811_22514791.jpg




月一和菓子屋

3月18日(日)12時〜



営業の確定が遅くなり申し訳ございませんでした。



いちご大福はいちご次第なのでお作りできるか分かりません。桜餅(道明寺)はお作りする予定です。他にも数種類作ります。


数はそこまでたくさん作れませんが、

なるべく多く作れるように頑張ります。


久しぶりのお店でもうドキドキしておりますが、よろしくお願いいたします。




なお、平日の小和菓子屋はお休みいたします。


よろしくお願いいたします*




*

[PR]
# by ito-ito-wagashi | 2018-03-05 22:51
2月お休みいたします。
.



本当に申し訳ございませんが、
家庭の事情により、2月の営業をすべてお休みさせていただきます。

昨日の小和菓子屋に引き続き、
18日に予定していた月一和菓子屋もお休みいたします。

ご来店を予定されていた方には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

心としては作りたいお店を開けたいという思いなのですが、どうしてもお休みしなければならない状況なので、止むを得ず、休ませていただきたいと思います。

3月の営業についてはまた改めて後日お知らせいたします。

よろしくお願いいたします。







d0319811_09151784.jpg










.

[PR]
# by ito-ito-wagashi | 2018-02-09 09:13
改めまして 糸 ito について (更新)

*



おはようございます。

和菓子工房 糸 ito を知っていただいた方へ、
あらためて今のお店のこと、オーダーのことなどを書かせていただきたいと思います。




d0319811_16092236.jpg





和菓子工房 糸 itoは
自家製餡と、素朴な素材でイチからわたくしが
1人で作ってやっている、小さな和菓子屋です。
季節の上生菓子を中心に、昔ながらの古典的な技法を使った抽象的な意匠で主に作っています。


活動し始めて4年半が経ちました。(2018年2月現在)
お店を東京都の十条にかまえて2年半が経ちました。


以前はお店も週3日ほど開けて
セミオーダーや個別のご注文をたくさんお受けし
通販も行なっておりました。


2016年3月より産休に入り、
4月6日、無事、娘を出産しました。


同年7月(娘3ヶ月)より、現在まで
〈 月一和菓子屋 〉として、その名の通り
月に1日だけお店を開けて営業しております。
こちらは毎月ブログなどでお知らせしています。


また、平日もどこかの木曜日で、〈 小和菓子屋 〉と称し
3〜4種類のみ、それぞれ少しずつですが
のんびりしたお店でopenしております。
※ 詳しくは毎回ブログやSNSでお知らせしております。



いままではすべてを一人でやっていたので
いろんなご注文、大きなものも小さなものも
たくさんお受けしてきましたが
今は、主人が娘を子守してくれている間でないと
お菓子を作ることができないので、なかなか日数も個数も限られております。


個別のご注文は基本的にお受けしていない状態です。
ただ、お問い合わせいただいた分には時間のあるときに返信させていただき、場合によってお受けできる分はお受けしていますので、なにかございましたら一度ご相談くださいませ。

その際、申し訳ございませんが、娘の体調によるこちらからの急なキャンセルにご理解ご対応いただける場合のみになります。



月2日だけしかやってない、のんびりな和菓子屋です。
細々、でも、しっかり、やっていこうと思っておりますので
温かく見守っていただければ幸いです。




d0319811_16092242.jpg







ありがたいことに、お店の営業日(特に月一和菓子屋の日)は売り切れてしまってclose時間を待たずにcloseすることがございますので、どうしても…という方は早めのご来店をおすすめいたします。

おうちで動きたい盛りの娘がいるので
なくなり次第closeしておうちに帰っております。



お店の情報は一番早いのはSNSです。
申し訳ございませんが
ブログは後から更新することが多くなります。


Twitter、Facebookは〈和菓子工房 糸 ito〉で
Instagramは〈ito.wagashi〉でやってます。
Instagramはプライベートも混ざっているので
和菓子やお店のことメインの情報が良い方は上2つもしくはブログをおすすめします。


長くなりましたが、
今後ともよろしくお願いいたします。








*

[PR]
# by ito-ito-wagashi | 2018-02-07 15:03