title;

☞  ごはん と 和菓子  itoのお菓子は いとをかし
御礼

*




本日もありがとうございました。



openからたくさんの方々にならんでいただき、皆様からたくさん優しいお言葉を掛けていただき、本当に本当に幸せな時間でした。


たくさん作ったつもりでしたが、欲しかった和菓子がなかったという方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。


また、暑い中だったので、お帰りになられた方々もたくさんいらっしゃったかと思います。お店まで足をお運びいただきありがとうございました。


 

美味しかった

和菓子が嫌いだったけど好きになった

綺麗で好きになった


たくさんの愛溢れる言葉をこれまでたくさん掛けていただき、わたしは幸せです。すべての言葉が原動力でこれまでがんばってくることができました。



これからしばらく、お店という場所で和菓子を作ってお客さまに召し上がっていただく機会をお休みしますが、和菓子作家として長く長くてあり続けて参りたい所存です。


3年後、5年後、そのくらいになるかとは思いますが、そのとき居る場所で、必ずまたお店を再開しますので、よろしくお願いいたします。


お店がなくとも、きっとウズウズしてイベントなどで単発で子どもたちを抱えて頑張る日を作るかと思います。その時もぜひともよろしくお願いいたします。


先日お知らせした通り、こちらのブログはお休みさせていただきます。

instagramは、更新頻度は落ちますが和菓子(や日常)のことを今後もお知らせしたいと思いますので、見ていただけると嬉しいです。

今後の活動再開のときにこのブログを残すか分からないので、今後はホームページなども併せてご確認いただけるとありがたいです。



書きたいこと伝えたいことがたくさんありすぎて言葉になりません。言葉にしなきゃ伝わらないのにと思いながら、いまは胸がいっぱいです。


これで終わりではなく、作家として新しい始まりなのだと考えています。


これまでを序章だとすれば、これから第1章の始まり。お店の再開は第2章でしょうか。そう考えるだけでもうウキウキします。



5年間、本当に本当にありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いいたします。




d0319811_21564184.jpg


d0319811_21565009.jpg







和菓子工房 糸 ito

和菓子作家  常田沙恵









*


[PR]
# by ito-ito-wagashi | 2018-07-08 21:54
ブログについて
*


こちらのブログをしばらくお休みしたいと思います。
なお、7月をもっての閉店後のご挨拶はこちらにも書かせていただいと思います。


和菓子工房 糸 itoについての情報などは下記のSNSもしくはホームページのお知らせでご確認ください。

Twitter       〈@wagashi_ito〉
facebook   〈和菓子工房 糸 ito〉
Instagram  〈@ito.wagashi〉


今後とも何卒よろしくお願いいたします。



d0319811_14110846.jpg





*

[PR]
# by ito-ito-wagashi | 2018-05-26 21:46
お問い合わせについて

.






本日気がついたのですが

4月中旬あたりからのホームページからのお問い合わせが、なぜかGmailの迷惑メールに勝手に振り分けられており、何名かの方からのお問い合わせを無視してしまっている形になっておりました。


気がつきまして、今日すべてお返事させていただきましたが、その中でまた何名かの方のアドレスになぜかうまく送れず、なんとか設定などを変えて送れたかとは思うのですが、万が一まだ返信が来てない!という方は、お手数ですが別のメールアドレスからもう一度ご連絡いただくか、SNSのDM機能を使っていただいて今一度ご連絡いただければありがたいです。



いただいたお問い合わせやご連絡には基本的に1週間以内にお返事させていただいているのですが、たまに同じようなことが起きたり、通知が来なくて紛れてしまったり、ということがあるので、万が一返信がなかったという方も、もしお気を悪くされてなければ、今一度ご連絡いただければ幸いです。


よろしくお願いいたします。



[PR]
# by ito-ito-wagashi | 2018-05-14 22:15
大切なお知らせ

.






大切なお知らせ。これからのこと。


たくさんたくさんたくさんたくさん悩んで考えて、自分なりの答えを見つけたので、本日みなさまにお知らせいたします。


昨年下旬、わたしはお腹に来てくれた命をひとつ失う経験をしました。

それは本当に本当につらくて、灰色の日々で、

新しい命を授かった喜びと

それを失った悲しみと絶望の中で

ひっそりと仕事を休んで

今後の自分のことを考えました。

家族に支えられながら、この経験を通して、自分の中のいろいろな考え方感じ方に少し変化がありました。


そしていま、お腹の中に小さな命を授かっております。

お腹にもう一度戻ってきてくれました。

2人目を授かって決めました。


産休に入る今年7月を最後に

和菓子工房 糸 ito は一度、お店を閉めることにいたします。


本当は、月一でも、今まで通り自分のお店で和菓子を作ってお客さまに会いたい。

その気持ちは山のようにあります。


続けたい。

止まりたくない。

忘れられたくない。


わたしは自分のお店で過ごす時間が大好きです。和菓子を作るのも、お客さまとおしゃべりするのも、大好きです。

大好きだからお店を続けてきました。それが一番です。


それと同時に、たくさんの情報やお店、新しいことに溢れている世の中で、自分が忘れられるのがとても恐くて、娘を出産してすぐからお店を月一で再開させた自分もいました。

和菓子を作っていない自分が世の中に認められていないような、そんなことは決してないのに、よく分からない恐怖心のようなものがありました。


育児書とはかけ離れたクセのすごい娘は本当に大変なことだらけで、親であるわたしが泣いてしまうこともあったり、今でも毎日必死だけれど、その何倍も笑顔と愛に溢れ、学ぶことは多く、子育てするというよりわたしも一緒に育っていくような、そんな感覚で日々を過ごしております。


和菓子は、日々の暮らしの中で作り続け

もっともっと勉強して

何年後かの再スタートのときに

もっともっと自分の思い描いているお店を作り、より良い和菓子が作れるようになりたいと考えています。


お店は一度なくなりますが、わたし自身が和菓子作家を辞めるわけではありません。お休み中も、和菓子作家であり続けます。

たまにはどこかの厨房をお借りして、和菓子をお作りすることもあるかもしれません。

たまにはどこかでワークショップを開催するかもしれません。

自分のお店で和菓子作ってがんばる母ちゃんの姿を子どもたちに見せられるのは、何年後かな。必ずその姿を見せたいと思っています。


工房を始めて約5年、たくさん自分の好きにやらせてもらいました。


本当に楽しかったです。

もちろん、つらいことも、力不足で悔しいことも、お客さまにご迷惑をお掛けしたり、深く反省することもたくさんありました。


家族やお客さま、たくさんの人々に支えられて、まだまだ未熟なわたしが約5年という間、工房を続けていくことができました。


かけがえのない時間を過ごせたことを本当にありがたく思います。


ここまで書いて、もう明日閉業するような感じになってしまいましたが、7月までまだまだございます。


先になるであろう復帰の目安など、今後の 和菓子工房 糸 ito のことは、最後のご挨拶のときに書かせていただきたいと思います。


7月までの約3ヶ月間、

精一杯、心を込めて和菓子を作っていきますので、よろしくお願いいたします。




d0319811_22192196.jpg






.


[PR]
# by ito-ito-wagashi | 2018-04-15 12:15
4月のお知らせ
*


こんにちは

今日は春分の日。
なのに雪混じりの雨で真冬に戻ったように寒い。
春よ来い来い、春よ来い。


先日は3月の月一和菓子屋、ありがとうございました。
お久しぶりだったので少し緊張しましたが
みなさまの笑顔に支えられて
楽しく過ごすことができました。


4月の月一和菓子屋のお知らせです。


d0319811_12442658.jpg


月一和菓子屋
4月22日(日)  12:00〜15:00
(万が一売り切れた場合は早く閉店します)

また、3月に引き続き、
4月も平日の小和菓子屋はお休みさせていただきますのでご了承ください。


写真は先日、手創り市雑司が谷で行われた
〈はるに、桜と〉のワークショップでお出しした上生菓子です。

「ひらり」  外郎に、中は桜餡でした。

4月もよろしくお願いいたします。




*




[PR]
# by ito-ito-wagashi | 2018-03-21 12:41