title;

☞  ごはん と 和菓子  itoのお菓子は いとをかし
カテゴリ
全体
自己紹介
イベント
和菓子
ごはん
日常
お問い合わせ
ホームページ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
最新のトラックバック
その他のジャンル
最新の記事
月一和菓子屋 6月
at 2017-05-23 14:36
改めまして 糸 ito につ..
at 2017-04-28 15:58
すずらんの日marché
at 2017-04-28 15:44
東京蚤の市
at 2017-04-24 21:05
インタビュー
at 2017-04-15 15:43
外部リンク
ブログジャンル
和菓子の日
*



おはよございます!

昨日は手創り市雑司ヶ谷、ありがとうございました!



そして本日 6月16日は 和菓子の日!



d0319811_924228.jpg




ちょっとカタイ話かもやけど
ちょっとおもしろいから読んでくれると嬉しいです◎


西暦848年(嘉祥元年)の夏、
仁明天皇が6月16日に、16の数にちなんだ菓子や餅などを神前に供え、
病気がなくなり、健康で幸せに暮らせるように!
と祈って「嘉祥」と改元しました。
これにちなんで、この日に和菓子を食べるという習慣が江戸時代まで続いていたそうです。


甘党だったと言われる豊臣秀吉も、
(`-`).。oO(相当おやつが好きだったらしい)
「嘉祥の祝」を恒例として行っていたそうです。

江戸幕府においては、「嘉祥頂戴」といい、
大名・旗本などの諸士を大広間に呼んで
大層に積んである和菓子を、一人一個ずつ取らせたといわれます。
昔の大人版和風ハロウィンみたい。

民間においても、お金16文で菓子や餅を16個を求め食べるしきたりがあり
でもお金がさほど世間に多くなかったので
米1升6合をもって菓子や餅を買い求めることも行われていました。

このように「嘉祥の祝」は、疫を逃れ、健康を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれたんだと。



d0319811_924398.jpg




この習慣の復活を願って、
また、日本の美しい四季と歴史の中で育まれてきた「和菓子」の素晴しさを楽しみ、
後世に伝え残していこう!ということで、
全国和菓子協会が6月16日を和菓子の日と制定しました◎


さて、本日16日、
なにかとっておきの和菓子を召し上がってみてはいかがでしょうか?






*
[PR]
by ito-ito-wagashi | 2014-06-16 09:15
<< 3回目のTera De Marche 初戦 >>